能登半島地震|被災地支援活動レポート3/19 珠洲市視察

2024年3月19日(火)

珠洲市の状況を視察

15時ころから雨が降ってきたため、山梨県支部・大月本部メンバーは珠洲市へ視察に向かいました。
珠洲市の資材センターでは山梨県庁職員ともお会いすることができました。
珠洲市はあまりにも倒壊件数が多く、能登町の5倍以上の被害を感じます。

能登町のベースに戻り、17時過ぎからテント内のストーブをつけたましたが、昨夜の雨でずぶ濡れとなっていました。

20日は輪島市の視察をしてから解散します。午後から雪予報ですが、第3陣の帰路は雪で大変でした。
残すところあと一度の出動で最終になります。当協会の大きな一歩となり、感謝の気持ちでいっぱいです!

関連記事

  1. 能登半島地震|被災地支援活動レポート3/27-28

  2. 福岡県にてブルーシート掛け実施研修を行いました。

  3. 能登半島地震|被災地支援活動レポート2/9-13

  4. 防災減災シートを萩原工業と共同で開発しました。

  5. 能登半島地震|被災地支援活動レポート2/28

  6. 山梨県防災局の要請で防災講義を行いました。

  7. 初の全国総会を開催しました。

  8. 能登半島地震|被災地支援活動レポート3/29

PAGE TOP