ブルーシート掛け研修会を行いました。

2020年10月20日、広島市安佐南区の県有地にて(一社)災害復旧職人派遣協会 広島支部によるブルーシート掛けの研修会が行われました。
研修には協会に加盟する市内の5社から計約30人が参加し、訓練用に設けた仮設の屋根でブルーシート張りを体験。
石岡代表理事らより、角材を使ってシートを固定するこつを学びました。
また、小型無人機ドローンを使い、上空から屋根の壊れた箇所を調査する訓練も行いました。

参加者

広島県議会 田川寿一議員/岡山県議会 笹井茂智議員/広島県住宅課 河野龍課長他/広島県外壁補修工事共同組合/岡山県シートメーカー萩原工業/ホクト創建/愛谷㈱/真尚興行㈱/塗創屋本舗/クリーンハウス様方のメンバー(総勢40名)

10月21日付の中国新聞に掲載されました。

関連記事

  1. 阪神淡路大震災から26年、ボランティア元年を振り返る。

  2. 災害ボランティアの現況と継続

  3. 山梨県防災局の要請で防災講義を行いました。

  4. シート製造会社「萩原工業(株)」様を訪問しました。

  5. 災害時稼働の発電機をお贈りいただきました。

  6. 「応急復旧の重要性と方法について」の講習会を実施しました。

PAGE TOP