シート製造会社「萩原工業(株)」様を訪問しました。

現在、シート関係の製造は90%が中国に依存しています。
国内生産は10%程度で、そのほとんどが岡山県倉敷市の「萩原工業」様において製造されています。
今回の訪問の目的は、災害時において簡単で短時間に作業ができ、安全性の高い「屋根用ブルーシート」の開発を依頼するためでした。

「萩原工業」様の方々には、快く開発に協力していただき、一週間で試作品を送っていただきました。
早速、当「災害復旧職人派遣協会」で使用感を試し、各職人にも聞き取りを行ったところ、良好であるという結果となりました。
今後は行政も含め、各方面での利用について検討を開始する予定です。

関連記事

  1. 災害ボランティアの現況と継続

  2. 「応急復旧の重要性と方法について」の講習会を実施しました。

  3. 山梨県防災局の要請で防災講義を行いました。

  4. 災害時稼働の発電機をお贈りいただきました。

  5. 阪神淡路大震災から26年、ボランティア元年を振り返る。

  6. ブルーシート掛け研修会を行いました。

PAGE TOP