能登半島地震|被災地支援活動レポート2/26-27

2024年2月26日(月)

第3陣の出動

大月本部5名の第3陣が7:30に出発しました。今回は27日から29日までの活動を予定しています。
能登町には夕方到着となり、早速、役場での打合せに入ります。
山梨県支部の3名と合流し、一緒に食事をとりました。さらに夜20:30ごろに宮城県支部の2名とも能登町役場にて合流しました。

第2陣で置いてきたテントの中が、長雨と雪で雨漏りしていました。片付けからのスタートです。
明日は、朝から雪予報の為、作業ができるか心配です。無理は出来ませんので、午前中は様子を見たいと思います。

2024年2月27日(火)

現地調査

本日の能登町は、朝から雪。雪交じりの雨と曇りの繰り返しで、屋根上での作業は難しいため、明日からの現場調査を行いました。

大月本部、山梨県支部、宮城県支部、総勢13名で食事をしました。
メンバー全員分の食事は、サントス君を料理長のもと、ネパール料理です。全員がテントに入れるよう、増築しました。

関連記事

  1. 能登半島地震の被災地、能登町へ支援の打ち合わせに行きました。

  2. 阪神淡路大震災から26年、ボランティア元年を振り返る。

  3. ブルーシート掛け研修会を行いました。

  4. 能登半島地震|被災地支援活動レポート2/28

  5. 新潟県中越地震と新潟県中越沖地震。わずか3年で再び震災に見舞われた地域…

  6. 災害復旧職人派遣協会の設立意義と活動

  7. やまなし防災減災フェスに出展しました。

  8. 「応急復旧の重要性と方法について」の講習会を実施しました。

PAGE TOP