宮城県との協定を締結しました。

2022年4月、宮城県と「災害時における被災住宅の屋根のブルーシート掛けによる応急修理に関する協定書」を締結いたしました。
東北の中心である宮城県がスタートしたことは大きな意義があります。
この度の震度6強の地震被害もあり、油断ができません。東北6県の動きも加速していくことと思います。
特に、当協会と宮城県をつないでいただきました庄子賢一衆議院議員にご尽力を賜り、協定締結へと運ぶことができましたことには心より感謝申し上げます。
また、野田禎二支部長・友重一祥副支部長をご紹介いただきました。大きな大きな同志を得ることが出来ました。

PAGE TOP