「応急復旧の重要性と方法について」の講習会を実施しました。

2020年1月24日、山梨県消防学校(中央市)にて(一社)災害復旧職人派遣協会・山梨県防災局の主催による講習会を実施しました。
災害発生時における緊急的な対応に備えるための講習会として、派遣協会代表理事ならびに日本ステンレス工業の会長である石岡博実が講師を務め、主に屋根の応急復旧(ブルーシート掛け)の重要性を確認するとともに、応急復旧技術の向上を図りました。
座学と実践を通して学んだこの講習会には、山梨県内の市町村の防災担当や消防署員及び消防団員、自衛隊員、警察署員など約80名が参加しました。

会場内に「研修用建屋」を新設して実践形式の講習も行われました。

講習会の様子

新聞に掲載されました

関連記事

  1. 阪神淡路大震災から26年、ボランティア元年を振り返る。

  2. 山梨県防災局の要請で防災講義を行いました。

  3. 災害時稼働の発電機をお贈りいただきました。

  4. ブルーシート掛け研修会を行いました。

  5. シート製造会社「萩原工業(株)」様を訪問しました。

  6. 災害ボランティアの現況と継続

PAGE TOP